設備紹介

facilities

設備紹介

柔軟性を向上させ、機能改善・動作改善を行う新しいトレーニングマシンを導入しております。

エムラボで導入している「ホグレル」は力を抜いた状態でマシンの軌道に従って、主に肩甲骨や股関節・骨盤周辺を動かすことを目的としたマシンです。 アスリート専用の様な印象を受けますが、負荷量の調節を適切に行えばダイエット・ボディメイク自分で自分の身体の調子を整えるという “セルフコンディショニング” の考え方を採用し身体に負担のかかりにくい効率的な動作へ改善することを目的としたトレーニングです。

DPs(ディッピングS)

ディッピングの機能をコンパクトにしながら、多彩なセッティングが可能な高機能マシンです。
肩が痛く肘が上がらないケースではしばしば、上腕と肩甲骨の連動性が落ちていることが見受けられます。 ディッピングを適切に行うと肩甲骨周辺のインナーマッスルを柔軟にするので、リズミカルに肩甲骨を動かせるような動きの再習得にも役立ちます。

MT(マルチスロー)

1台で4種類の肩甲骨周りのトレーニングが行える複合型マシンです。
中心を意識して、胸を開きながら上腕の外旋動作を行うことで、下半身と連動した上半身の柔軟性と強さを獲得します。
マシンの使い方によって、胴体前面、脇腹、腕の付け根、肩甲骨など様々な部位にアプローチすることも可能です。

ITs(インナーサイS)

インナーサイの機能を75%コンパクトにしながら、多彩なセッティングが可能な高機能マシンです。

NTH(ネバータイトハム)

ジャックナイフストレッチ理論に基づく、アクティブスタティックストレッチも可能なマシンです。
膝の伸筋群を伸ばすことによって、 反射をハムストリングスに与え、更に伸びようとする反射を利用して伸ばしていきます。
通常は立位で行うストレッチですが、高齢者や腰痛の方などには難しい側面もありました。新しく開発されたホグレルのマシンによって、
タイトハムストレッチをダイナミックに無理なく行う事が可能になりました。

トレーニングをご希望の方
予約フォームから気軽にお問い合わせください。
  • 営業時間:10:00 - 20:00
  • 住所:埼玉県志木市柏町6丁目29−64 エムエムビル2F